FC2ブログ
■2016年04月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■波動テスターver1.02試用版をアップしました

波動テスターの製作者のKoronさんから、次のメッセージをいただきましたので掲載します。

*********************************************************
お世話になります。Koronです。

現在ご試用頂いている「波動テスター」ですが、クロス円以外で
使用しますと、立ち上げに時間がかかる場合があります。

もし、クロス円以外でご使用したい場合は、こちらのファイルで
でご使用下さい。Ver1.02です。

また、ご使用いただく場合の注意点としまして、
操作バネルを表示するチャートは1つのみでご利用下さい。
複数のチャートでパネルを表示しますと、正常に動作致しません。

ご注意お願い致します。

以上、よろしくお願い致します。
*********************************************************

次のリンクをクリックして波動テスターver1.02試用版をダウンロードされてください。

ダウンロードパスワードはメールにてお送りします。
※ダウンロードURLとパスワードは毎回変わります。










スポンサーサイト

■波動テスターを修正しました!

波動テスターでバグが見つかり、修正版を作成したとKoronさんから連絡がありました。

******************************************************

お世話になります。Koronです。
「波動テスター」ですが、動作時過去のローソク足が少ない場合
エラーが発生し、動作しなくなる場合があります。

その対応版を作成しましたので、試用を行われる際はこちらを
御使用して下さい。

尚、新しいインディケータでは、ライセンスの★印の横にVerが
表示されるようになっており、Ver 1.01と表示されます。

大変お手数を掛けますが、インディケータの更新をお願い致します。

******************************************************

次のリンクをクリックして修正版をダウンロードされてください。

ダウンロードパスワードはメールにてお送りします。









■本日のサポート資料

「ツールの紹介」記事に書きましたKoronさんの「波動テスター」のお試し版は以下からダウンロードしてください。

ダウンロードパスワードはメールにてお送りします。
※ダウンロードURLとパスワードは毎回変わります。








■波動テスターのご紹介

「波動オートシステム」を作成されたKoronさんが今度は「波動テスター」を作成されましたのでご紹介します。

イメージ(2)277
※クリックで拡大します

以下、Koronさんの挨拶文です。

★お世話になります。Koronです。

今回、Satake様が販売中の「波動トレードシステム」を実践にするにあたり、過去検証を行うために仮想トレードが出来るシステムを作成しました。

「波動テスター」です。

いままで、MT4で仮想トレードする為にストラテジーテスターを使用した汎用ツール等は有りましたが、簡単に検証するにはハードルが高いものがありました。

また、前作の「波動オートシステム」は機能が豊富が故に、設定等が複雑になってしまっていました。従って今回は、出来るだけ簡単に設定が行え且つ機能も充実したものを目標に作成致しました。

今回作成したツールは、インディケータ1つ設定するだけで、他に何も設定する必要はありません。

且つストラテジーテスターを使うことなく、簡単に過去検証が行えるツールになっております。

ストラテジーテスターでは、出来なかったバックトレースを行う事も可能ですし、マルチタイムフレームでの動作も可能です。

インディケータについても、ButteflyやZigZagなどのリペイントも再現できており、ボリンジャーバンドのエクスパンションなども、実際と同様な動きを再現しております。

この「波動テスター」を使用することにより、簡単に実践に近い過去検証が出来る物になっています。

また前回の、「波動オートシステム」を利用したトレードを、より確かな物に出来るツールになっているとも思っております。

今回の、「波動テスター」で検証、確認等を行うことにより、皆様の、トレードが飛躍的に向上出来る事に貢献できればありがたいです。

では、「波動テスター」の特徴を簡単に列挙致します。

特徴

1. 1つのインディケータのみで、すべての設定が終わります。

2. トレードをしたい時間足での、ローソク足単位での検証が可能です。 また、ローソク足の更新により上位足のローソク足も自動更新されます。 (マルチタイムフレームでの検証が可能です。)

3. 任意のロット数で、売買が出来ます。(売買は全て成行です)

4. 売買は、両建て、マルチポジションが可能で、決済は、ポジション毎または一括決済が可能です。

5. ローソク足の更新は、自動更新可能で、更新スピードを秒単位で設定きます。

6. マニュアルでの、ローソク足更新も可能で、F12キーで進み、SHIFT+F12キーで戻りです。

7. SHIFT+F12キーで戻した場合、モードによりトレード履歴も戻す事が可能です。

8. 「波動トレードシステム」で使用しているインディケータが自動で表示されます。
  パラメータ設定で表示のON/OFFも可能です。

9. 「波動オートシステム」で表示していた、基準波動、目先波動のサポレジラインや、 向きも表示出来ます。

10. インディケータのリペイント等現実に近い動作も再現出来ています。

今回、「波動テスター」の全機能を機能制限なしで、4月17日までご試用頂けるように致しました。

この期間に、使ってみて頂き動作を確認して頂ければありがたいです。

トレードの検証に。
スランプ時の練習に。
トレード開始前のアイドリングに。
ただの、お遊びに

色々なシチュエーションで使ってみてください。

以上よろしくお願い致します。★

※「波動テスター」に関するお問い合わせは直接、Koronさんへお願いします。

 Koronさんのメールアドレス:hadou_auto_system_1☆yahoo.co.jp (☆を@に変更してください)




■15分足のゾーン設定

イメージ(2)276

上の図は、15分足に1時間足ミドル相当のSMA84とボリンジャーバンドのミドルとの間をゾーンとして描画したものです。

「波動トレードシステム」の購入者様で、この設定を利用したい方は次のリンクをクリックしてダウンロードされてください。

ダウンロードパスワードはメールにてお送りします。
※ダウンロードURLとパスワードは毎回変わります。










■本日のトレード

本日は、GBPJPYで、今朝のサポート資料のやり方でトレードしました。


※くリックで拡大します

5分足の赤枠でトレードし、売りシグナルでエントリーし、決済シグナルを利用して4分割決済しました。
+24PIPS、+72PIPS、+103.PIPS、+85PIPS

なお、GBPJPYでトレードするにあたり、これまでどおりに通貨の相関関係を考慮に入れています。

GBPUSDは1時間足のレジスタンスラインを抜け失敗していますので、1時間足も下降基準波動と判定しました。したがいましてUSDJPYとGBPUSD共にパターン8と判断しました。またEURGBPが上なので、GBPJPYの売りを支持していると判断しました。









■本日のサポート資料

本日は、「波動トレードシステム」の購入者様へのサポート資料として、トレードチャンスが少なくなっても確率の高いポイントでトレードしたい人向けの設定と考え方をまとめてみました。

これに合わせて、hadouSignal3をver1.7にバージョンアップしました。

必要な方は次のリンクをクリックしてサポート資料をダウンロードされてください。

ダウンロードパスワードはメールにてお送りします。
※ダウンロードURLとパスワードは毎回変わります。









メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。