FC2ブログ

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■THV個別チャートの解説④<5分足チャート>

5分足チャートです。
イメージ2028
※クリックで拡大します

5分足チャートにはこれまでに説明しました4時間足~15分足チャートに含まれるインディケータの他に、以下の3つのインディケータがインストールされています。
・HLBands_Auto
・THVSignal
・THV TRIX MTF

HLBands_Autoによって、21期間の高値と安値に白い階段状のラインが引かれています。
このラインはエントリーの基準、ストップの基準、決済の基準として使われています。

THVSignalは売買シグナル、予告シグナル、決済シグナルを出すインディケータです。
このシグナルはマルチタイムフレーム対応になっており、MTFのレベルを設定することができます。

赤枠の一番上の「MTF4」はシグナルのマルチタイムフレームレベルを4時間足レベルに設定していることを意味します。
レベルはパラメータで切り替えます。
※「MTF3」は1時間足レベル、「MTF2」は30分足レベル、「MTF1」は15分足レベル、「MTF0」は5分足レベルになります。

次の白四角の「PUSH」ボタンは、「Pushシグナル」のON/OFFを切り替えるボタンになります。
ONの時は「PUSH」の文字色が赤色に変わり、通常より多くの売買シグナルが出るようになります。

次の「11」という桃色の数字は、その時点でエントリーした場合の売り損切幅を表し、「19」という水色の数字は、その時点でエントリーした場合の買い損切幅を表しています。


黄色枠のインディケータはTHV4に標準搭載されている「THV TRIX MTF」というインディケータです。
「THV-SA」では上から15分足、30分足、1時間足、4時間足のfastに設定しています。
各時間足チャートに表示されている「THV4 Trix Called」の状態を一覧できる便利ツールです。




スポンサーサイト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。